ホームインスペクション・徹底ガイド

住まいの“健康診断”ホームインスペクション(住宅診断)の入門サイト

ホームインスペクション(住宅診断)のベストタイミング

LINEで送る
Pocket

ホームインスペクション(住宅診断)依頼のタイミング

  • 既存住宅の売買の前
  • 新築の引渡しの前
  • 新築を建てている時
  • トラブルの時(雨漏り、漏水など)

「申し込み後」「契約前」の段階でホームインスペクション(住宅診断)を入れるのがベスト

物件見学段階(申込み前)の段階では、何ら法的な権利も義務も発生しておらず、依頼者は契約をすることもしないことも自由ですから、この段階でホームインスペクション(住宅診断)を入れるのもひとつの手。ただしこの状況では「物件を他の方に買われてしまう可能性」があります。

物件見学をし「買おうかな」といった段階で「申し込み」を行います。申し込みの方法としては「買付証明書」「申込書」などの書類に記名・押印。同時に「申込金」を1万円-10万円程度支払うのが一般的です。

この段階はあいかわらず「契約前」であり、いまだなんらかの権利・義務とも発生していません。よって無条件で申し込みを解消することができます。申込金は当然返還されます。

※ホームインスペクション(住宅診断)は、この段階で入れるのがベストです。なぜなら「ホームインスペクションの結果(修繕費用など)を資金計画に組み入れることができる」「万が一、大きな問題が見つかった場合には無条件で引き返せる」「申し込みをしているため、原則として他の方に買われる心配がない」ためです。

業者売主物件の場合には、「引渡し前」も有効

本来はまず「重要事項説明」をして、のちに「不動産売買契約」という流れですが、実務上は同日に行うことがほとんど。新築マンション・新築一戸建てなどの場合には、契約者数が多いことから「重要事項説明会」「契約会」などを別の日に設け、それぞれ契約者にまとめて対応することもあります。

「重要事項説明書」「不動産売買契約書」に記名・押印し、手付金を支払うと、契約成立です。この瞬間から契約に基づく「権利」と「義務」が発生します。

「引渡し」とはつまり「お金と権利の交換」。お金を支払ってしまう前に、建物の仕上がりを確認しておき、不具合などが見つかれば事前に修復してから引き渡してもらう、といったことができます。

LINEで送る
Pocket