ホームインスペクション・徹底ガイド

住まいの“健康診断”ホームインスペクション(住宅診断)の入門サイト

安心住まいのためのお役立ちガイド

LINEで送る
Pocket

[住宅購入時のチェックポイント/災害 チェックポイント]
「ツーバイフォー工法は地震に強い」って本当?

度重なる地震に、耐震性への関心も高まっているようです。そんな中でささやかれるのがこんなフレーズ。
「ツーバイフォー工法のほうが、在来軸組工法より耐震性が高いのでおすすめですよ・・・」
工法の名前なんて聞き慣れないし、実際のところどう違うのかよくわからないし・・・でなんとなくなイメージのまま住宅選びに臨んでしまう、そんな方も多いのではないでしょうか。

さくら事務所の第三者現場チェックサービス「新築工事チェック」で多くの工事現場を見てきたホームインスペクター(住宅診断士)が解説します。

「ツーバイフォー工法」と「在来工法」の違い

そもそも、「ツーバイフォー工法」と「在来工法」の違いがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

在来工法(木造軸組工法)とツーバイフォー工法
在来工法(木造軸組工法)とは、「柱」と柱の上に渡して屋根などの重量を支える「梁」を組み合わせて作る工法(軸組)です。 地震などの揺れに対しては軸組が壊れたり、変形しないように、主に筋交いを壁の中に設置して支えます。比較的間取りやデザインの自由度が高いのが特徴です。
一方、ツーバイフォー工法(2×4枠組壁工法)とは、枠と面(合板)などで構成された壁・床・屋根・天井のパネル(枠組み)を組み合わせて、箱状(6面体)の構造から家をつくる工法です。壁の枠に2インチ×4インチの部材を用いることからツーバイフォー(2×4)工法と呼ばれます。
現場によっては工場で枠組みを作成するので工期の短縮が図れます。
また、箱状になることから、変形に対して強くすることができる特徴があります。
更に2インチ×6インチを組み合わせたツーバイシックス(2×6)工法もあります。

現在の基準で建てられていれば大きな差はない

構造の違いだけ見れば、ツーバイフォー(2×4)工法のほうが地震に強そうに思えます。特に、阪神・淡路大震災の際、「在来工法の住宅が多く倒壊し、ツーバイフォー(2×4)工法の住宅は倒壊しなかった」といった報道が多くなされました。

しかし、現在では在来工法の住宅における耐震性は大幅に向上し、「ツーバイフォー(2×4)工法」と「在来工法」の耐震性の間には大きな差はなくなってきています

建物の耐震性は建築基準法で定められており、何回かの改正を経ています。
特に阪神・淡路大震災後にあたる、2000年の建築基準法改正において、木造戸建ての耐震性は大幅に向上しました。
それまでは地震などの横揺れを定める「耐力壁」については「バランス良く設置すること」とだけ定められていたのが、改正後はバランスの計算方法が規定されました。
また、部材同士を接合する金物の使用基準も明確に定められています。

特に、在来工法の住宅において顕著に耐震性が上昇しました。それ以前は設計者や建築業者によって耐力壁や接合金物の使用基準はまちまちでした。そこに明確な基準が定められたことで、耐震性が大幅に向上したのです。

一方、ツーバイフォー(2×4)工法はもともと壁が建物を支える構造であること、標準化が進んだ工法であることから建物ごとのバラつきが少なく、ある程度の強度が確保されていました。
したがって、改正後も在来工法ほどは大きく仕様が変わっていないと言っていいでしょう。

ツーバイフォー(2×4)工法で建築中の住宅

つまり、2000年以前の建物は、平均すると「ツーバイフォー(2×4)工法」のほうが「在来工法」よりも地震に強かったといってよいでしょう。
しかし、建築基準法改正を経た現在では「ツーバイフォー(2×4)工法」と「在来工法」との間には、平均的な耐震性の差はないといえます。
また、最近では在来工法でも合板などの面材を貼り、ツーバイフォー(2×4)工法並みの強度を持つ家も増えてきています。

***********************************************************************

建築中の我が家、しっかり設計通りに建てられている?

第三者による工事中の現場検査で安心!

新築工事チェック(建築途中検査・施主検査立会い)

************************************************************************

ポイントは「耐震等級」

実際には同じ工法で建てられたとしても、個々の家によって耐震性は大きく異なります。
建築基準法で定められた耐震性の規定は、あくまでも最低限度のものです。「最低限度」というのは、震度6強から7の地震でも住宅の構造部分が倒壊・崩壊しないというものであり、建物にある程度の損傷は起こってもある意味「仕方ない」ということです。

こうした損傷にたいする補修コストなどを考慮して、建築基準法の耐震基準を上回るレベルの耐震性を求めたい場合もあるでしょう。
そこで参考になるのが、「住宅性能表示制度」の「耐震等級」です。
耐震等級は次の3ランクに分けられています。

耐震等級1 耐震等級2 耐震等級3
建築基準法レベルの強さ 建築基準法レベルの1.25倍の強さ 建築基準法レベルの1.5倍の強さ
数百年に一度の大地震(震度6強~7)でも倒壊・崩壊しない。 数百年に一度の大地震(震度6強~7)の1.25倍の力でも倒壊・崩壊しない。 数百年に一度の大地震(震度6強~7)の1.5倍の力でも倒壊・崩壊しない。

家を新築する際は、「耐震等級◯相当でお願いします」と依頼すれば、工法に関係なく一定の耐震性を得られることになりますが、これは全て設計通りにきちんと建築されているのが前提のお話です。

ご自身での工事中の現場のチェックは難しいと思われる方は、ホームインスペクターなど建物のプロのサポートを受けてみてもいいでしょう。

LINEで送る
Pocket