ホームインスペクション・徹底ガイド

住まいの“健康診断”ホームインスペクション(住宅診断)の入門サイト

安心住まいのためのお役立ちガイド

LINEで送る
Pocket

[自宅 チェックポイント]
梅雨の時期は要注意! 住まいのカビ対策

今年も梅雨の季節がやってこようとしています。梅雨の間、湿度の高い状態が続くとカビが発生しやすくなり、そのまま放置しておくと住まいにも人にも悪影響が出ることが。

住まいのカビが増える3大条件が、「温度」「湿度」「栄養源」です。栄養源とは、「畳・ビニールクロス」などの建材、「食べこぼし・ホコリ」などのゴミ、「フケ・髪の毛」などを指します。

この3大条件のうち、1つ以上をカビが成長しにくい環境にできれば、カビの大発生を抑えられます。そこで今回は「湿度」と「栄養源」の上手なコントロール方法をご紹介したいと思います。

梅雨

どうして「梅雨」にはカビが生えるのか

住まいで発生しやすいカビは、「酸素(空気)」があるところで「適した温度」「適した湿度」「栄養源」があると繁殖します。

梅雨シーズンの気温は平均的に20℃を超える日が多くなり、高い日には25℃を超えることも。そして湿度は70%くらいが普通、80%を超える日もあります。この「気温20℃~30℃」「湿度70%くらい」という環境が、住まいにあるカビが繁殖しやすい条件。

カビは梅雨より少し前から空中に多く浮遊し始めると言われ、外から空気にのって室内に入ってきます。また、もともとあるものの成長はしていなかったカビの胞子や菌糸が多くの住宅に存在していると考えられ、梅雨に「最適な環境」が整うことでそのカビが増速する、というわけです。

住まいはカビの「好物」がいっぱい!

温度・湿度とともにカビ繁殖の原因とされる「栄養源」。実は住まいの中はカビの好物だらけ。カビは天然のもの以外でも栄養にして繁殖します。

カビ

●建材

木や畳など植物系のものだけでなく、ビニールクロスや接着剤、塗料などもカビの栄養源に。また、間仕切り壁の材料「石膏ボード」も温度・湿度の条件が揃えばカビが繁殖します。つまり、住まいで使っている建材の多くが栄養源=カビが生えやすい場所なのです。

●ゴミ・ホコリ

出しっ放しの食品はもちろんのこと、食べこぼしやホコリ類も栄養源になります。自然とホコリが溜まりやすい家具の裏側や窓サッシ・枠などのほか、キッチンのように調味料や食材が建材に付着しやすい場所、洗面所や寝室などタオルや寝具から繊維のホコリが出やすいところもカビが生えがちです。

●人から出る垢など

お風呂で体を洗えば浴室床・排水口に皮脂・垢が付着しますし、また、帰宅時に手を洗えば洗面ボウル・排水口にも皮脂が付着します。寝室などは見た目にわからない程度でも寝具にフケや垢が付着しています。

カビ対策① 梅雨前から掃除をする

部屋の隅、家具の裏側はホコリが溜まりやすく、空気が動きにくいので湿気も多くなりカビが生えやすい場所。そのほかには、窓両側のカーテンが掛かっている壁や窓サッシにもホコリが多くつきがちです。

特に日当たりがよくない部屋、半地下の部屋、家の北側や壁の外側が擁壁で風通しがよくない部屋を中心に梅雨入り前から掃除し、カビの好物を減らしましょう。

カビ対策② 外の湿度が高いときは窓を開けない

雨

「窓を開けると空気の入れ替えができて湿度が下げられる」そんなイメージを持つ方が多いでしょう。ところが、部屋の中より屋外の湿度が高いときに窓を開けると、空気とともに外の湿気が室内に入り部屋の湿度を上げてしまいます。

外の湿度が70%以上など、湿度が高い時間帯は窓を開けず、60%くらいのときに窓を開け換気をするのがおすすめ。多量の湿気が室内に入らず、部屋の湿気を外に出すこともできます。

快晴の日なら、気温が高くなるお昼から午後にかけて湿度が低めになりますが、曇りや雨天時は時間に関わらず終日湿度が80%以上ということも。終日湿度が高いときは、窓開け換気をしないか、または窓を開けて上がった湿度を除湿器で下げ、室内の湿度をコントロールします。

なお、湿度は体感だけだと正確に把握できませんので、部屋の中とベランダなどの外に置くものの2つを持っておくと数字で確認できて便利です。

カビ対策③ 家具を壁から少し離して置く

家具を壁にくっつけて置くと、掃除がしづらくホコリが取りづらいとともに、湿気を含んだ空気も溜まりがち。窓を開けたり除湿器を動かしたりしても、狭いスペースは空気が動きにくく効果が出ません。

湿気が特に多くなりやすい窓に近い場所は、家具を壁から3~5センチくらい離して置けば、掃除がしやすくカビの栄養源のホコリが減らせるとともに、湿気を減らしやすい環境が作れます。家具の裏側は壁にもホコリがたくさん付着していますから、家具を動かしたときには壁のお掃除もお忘れなく。

カビ対策④ お風呂からあがったら直後はドアを閉めて換気扇を動かす

風呂

お風呂をあがったあとすぐ、濡れた浴室内を乾かすためにドアを開けていませんか? ドアを開けて浴室内を乾かすのは浴室内のカビ対策には良いこと。ただ、お風呂からあがった直後の浴室は蒸気が充満しており、ドアを開けておくと脱衣所に蒸気が漏れ出します。換気扇を回しても一部の蒸気は家の中に逃げてしまい、浴室以外の部屋の湿度が上がる恐れがあるのです。

そこで、お風呂をあがってすぐの数分はドアを閉めて換気扇を回し、浴室内の蒸気が減ってからドアを開けて濡れた浴室の床や壁を乾かしましょう

いかがでしたか? 壁紙などはカビが繁殖して黒く変色すると、薬剤などを使って菌を殺せても、見た目の黒ずみは容易に取れず、綺麗にしたいなら壁紙を張り替えなくてはいけません。健康だけでなく見た目という点でも気になるカビ。できるだけ繁殖しにくい環境づくりをこころがけましょう。

LINEで送る
Pocket