ホームインスペクション・徹底ガイド

住まいの“健康診断”ホームインスペクション(住宅診断)の入門サイト

安心住まいのためのお役立ちガイド

LINEで送る
Pocket

[リフォーム・リノベーション チェックポイント]
床下で水漏れしていたマンション 

最近、中古マンションを買って、自分好みにリフォーム・リノベーションするという方が増えてきていて、「中古マンションはどんなところをチェックして買ったらいいの?」というご質問が多く寄せられています。

そこで、中古マンションホームインスペクションで伺った物件の事例をご紹介!

【ホームインスペクション事例:キッチン床下の水漏れ】

マンションの場合、「部屋の外側=共用部分」は見られる範囲の限界があります。
安全管理の問題から建物の屋上や地下には入れませんし、他住戸のバルコニーなどにはもちろん入れない。ですから、調査の中心は住戸内(専有部分)となります。

住戸内のチェックポイントはいろいろありますが、特に調べておきたいもののひとつが床下

まずは健全な状態の写真から。

mansion_yukashita

一戸建てとは異なり、コンクリートで区切られた空間ですから、シロアリの被害などは基本的に考えなくて大丈夫です。
では何を見ているかと言えば、基本的には、漏水が生じていないかどうか。

マンションの床下をチェックしている様子↓

mansion_yukashita2

床下点検口は、主に洗面台下、キッチンシンク下収納の床面などにあります。
マンションにおける水漏れ事故の発生率は高くはありませんが、後で発覚してトラブルになるケースが多いです。

数多くホームインスペクションにうかがっていると、何件かに1件は出くわしますから、気を抜くことはできません。

中古マンションインスペクション中に発見した水漏れの例↓

mansion_yukashita3

この物件は、不動産会社が売主で、個人の方が購入検討されていました。

リフォーム済み物件で、内装も設備もとてもきれいになっており、見た目には「いますぐにでも引っ越しOK!」な状態。

でも、キッチンの床下点検口を開けてのぞいてみたら、キッチンの排水管から継続的に水が漏れており、住戸内の他の部屋にまで、水が広がっていました。

mansion_yukashita4

リフォームのとき、キッチンセットはきれいだったので交換しなかったとのこと。

一度に漏れ出る水の量が少なく、下階へ漏れてしまうほどではなかったことで、長い間気付かれていなかったのでしょう。
また、リフォーム会社も、工事前に床下のチェックまではしなかったようです。

ちなみに、ご依頼者はお部屋は気に入っておられたので、水漏れ箇所と水濡れによる被害範囲のすべてを直すことを条件に契約を進めることになりました。

よく不動産会社の方に「インスペクションで不具合が見つかると契約しなくなってしまうのでは?」と心配されることがありますが、数多くのホームインスペクションの経験から言えば、不具合の有無と契約する・しないは直結していません。

検討者はその物件すべての魅力をよく吟味しているのであって、不具合の有無、直すためのハードルなどは、情報のひとつです。

中古マンションホームインスペクションは、欠陥住宅かどうかを診断するものではありません。

直すべきものはなんなのか、どのくらいの費用がかかりそうなのかなどの情報を提供するためのものだとお考えください。

LINEで送る
Pocket