ホームインスペクション・徹底ガイド

住まいの“健康診断”ホームインスペクション(住宅診断)の入門サイト

安心住まいのためのお役立ちガイド

LINEで送る
Pocket

[住宅購入時のチェックポイント]
梅雨目前!ホームインスペクター(住宅診断士)が解説する、カビない住まいの選び方

梅雨が迫るにつれ、気になるのが住まいのカビ。

さくら事務所の自宅点検ホームインスペクション(住宅診断)でもお悩みを耳にします。

蒸し蒸しした日が続き、雨で洗濯物も外に干せずに室内干しに・・・お部屋の湿度はより上がっていきます。

湿気はカビの大好物、ますます繁殖していきます。

カビが繁殖してしまう原因は、住まいそのものの性能に原因があるものと、住まい方が原因しているものがあります。

そこで、さくら事務所のホームインスペクター(住宅診断士)がカビの注意点について解説します。

今のご自宅でお悩みの方もこれから建売住宅を購入予定の方、新築一戸建てを建築予定の方も、ぜひ参考になさってみてください。

かびを発生させない住まい方① 24時間換気を上手に使う

24時間換気カビといえば重要なのが、まず「換気」。

カビは空気が滞留しているところに発生するので、なるべく室内の空気を動かしてあげることが重要です。

暑い、寒い、花粉が入る、埃が入る・・・いろいろな理由で24時間換気を止めてしまっている方もいらっしゃいますが、基本は24時間つけっぱなしと考えましょう。

ただ、外気の方が湿度が高いこともありますので、「天気が良ければ開ける、雨が降ったら閉める」が湿度やカビのことを考えれば理想です。

よく「換気は窓を開けるのが一番!」という方がいらっしゃいますが、湿度の高い時期は外から湿気が入り込んでしまい、湿気やカビのことを考えれば逆効果。

湿度の高い日は窓を閉めて除湿器を使う、換気扇を回すなど外の湿度にも注目しましょう。

かびを発生させない住まい方② こまめな掃除&掃除しやすいものを選ぶ

浴室のカビ空気の滞留とともにカビ繁殖の原因になるのが、埃(ほこり)。

埃はカビにとってはうれしい栄養。放置しておくとますますカビが繁殖してしまいます。

埃が溜まりやすいところは、こまめに掃除することが重要です。

また、水回りは、食べ物や皮脂、石鹸かすなど栄養になるものがたくさんあります。

新築時やリフォーム時、ユニットバスの仕様を選ぶこともあるでしょう。

清潔に保ち、カビの繁殖を防ぐには、収納なや鏡などのオプションは掃除がしやすい形状・仕様のを選んでもいいですね。

カビやすい?購入前のチェック① 床下が水浸し?

床下で設備漏水、水浸しさくら事務所のホームインスペクター(住宅診断士)がインスペクションに伺うと、築戸建てでも床下にカビがびっしり、というケースがあります。

床下がカビているときにまず疑うべきは「設備の漏水」です。床下の配管でどこかから漏水している可能性があるのです。

他にも、基礎工事の際に、耐圧盤と呼ばれる下部分と立ち上がりの部分を2回に分けて打つので、このつなぎ目部分や、型枠を固定する金物の下から雨水が浸入してしまっているケースも。

特に、都心部に多い木造三階建ては高さ制限のために、基礎を低くする傾向がありますので、そのつなぎ目が地盤面より低く設定されている場合、そこから雨水や地下水がじわじわ入ってしまうこともあります。

床下は普段の生活では目にするとことではないので、カビや湿気にもなかなか気がつかないかもしれません。

ですが、建物の構造部分である木部を腐食させたり、シロアリを誘引するなど、過度な湿気は建物の耐久性に影響する可能性もあります。

床下で発覚するカビは設備漏水など、ただのカビで終わらせられない大きなトラブルの予兆と考えましょう。

新築・中古を問わず、一戸建ての購入を検討される方は、床下のインスペクションをお勧めします。

カビやすい?購入前にチェック② 北側のサッシ廻り

結露からのカビ中古住宅でもクロスがキレイに張り替えられ、新築のように見える物件もあります。

ですが、そんな新築のような内装でも、よくよく見ると気がつくのがサッシ廻りのカビ。

北側の居室は特にカビやすく、パッキン部分が黒くなってしまっていたり、木枠の部分に水染みになっていたり、サッシ廻りにカビが生えてしまっていることがあります。

ホームインスペクター(住宅診断士)が中古住宅のインスペクションに伺う際もここはチェックポイント。

北側のサッシ廻りで発生しているカビは、「結露」が原因です。

いわゆる断熱性が低い、と言われるガラスやサッシの場合、空気中の湿度が外部の冷たい温度を伝えてきたサッシやガラスで冷やされて、結露を起こしてしまうのです。

特にサッシは掃除がしにくいこともあり、特に埃がたまりがち。

結露の水分がその埃に付着することでパッキンなどに溜まってしまい、「湿度」と「栄養」がそろった状態で、カビが発生しやすくなってしまうのです。

北側の居室のサッシ廻りのカビを見つけたら、建物の断熱性能はどれほどか?についても調べてられるといいでしょう。

カビやすい?購入前にチェック③ 半地下物件は要注意

都心部の狭小地では、お部屋の面積を確保するために、半地下になった一戸建てを目にします。

一定の条件を満たした地下室は容積率が緩和される計算になるため、敷地を有効に活用しつつ広い床面積を確保できます。

ですが、地下室で肝心なのが、湿気、カビ対策。

オーディオルームなどの趣味の部屋や書庫にしたりと、せっかくこだわってつくった部屋でもインスペクション(住宅診断)に伺うと、ちょっとカビくさかったりと残念な例も・・・。

建築基準法では、地下空間を居室とするためには採光・通風・のためにもドライエリアの設置が定められています。

ドライエリアとは、地下の居室前に同様に地面を掘り下げてつくった外部空間のことです。地下の居室のバルコニーみたいなイメージです。

ですが、ドライエリアがあるとはいっても地下室のある物件は万全の湿気・カビ対策が必要です。

ホームインスペクターが伺ったある地下室付きのお住まいでは、地下室のカビにお悩みでした。

調査の結果、ドライエリアから流れ込んだ湿度の高い空気が原因でした。

このドライエリア周辺は緑も多く、その湿度の高い空気が、低い位置に設置されていた給気口から流れ込み、湿った空気が随時、地下の居室に入り込んでいたのです。

インスペクターのアドバイスにより、外部の給気口を高く持ってくることで(外部に配管を追加しました)湿度の少ない空気を室内に取り込めるようにしたそうです。

換気計画は周辺環境もあわせて検討することが大事です。本来であれば設計段階で配慮してもらえるとよかったかもしれませんね。

カビやすい?購入前にチェック④ ウォークインクロゼットや押し入れの中

収納をカビさせないクローゼットや押し入れなどの収納は湿気もこもりがちですので、ここでもカビ対策は重要。

特に、北側の壁面に収納があったら要注意です。じめじめしてカビが発生しやすくなります。

カビさせないための収納の工夫として、「収納内に空気の通り道」を作ってあげること。

押し入れの中段と奥の壁の隙間に数センチ隙間を設けておくのです。これだけで、収納内部に空気の通り道が確保でき、クローゼット・押し入れ内の換気はだいぶよくなります。

同様に、スノコを下に敷いて、下に空気の通り道を作ってあげることも有効です。

更に収納の中の壁に、調湿性の高い仕上げ材にするとより効果的でしょう。


いかがでしたでしょうか?

住宅を購入する際、どうしても間取りやデザインなど見た目にばかり目がいってしまうと思います。

ですが、換気計画や断熱性などの住まいの性能までチェックできるといいですね。

また、カビが見つかったらすぐに解決できるものが原因のカビなのか、原因に大きな問題が隠れていないか(設備の漏水や雨漏りなど)も確認しましょう。

建物のプロ、ホームインスペクター(住宅診断士)に相談してみてもいいでしょう。

LINEで送る
Pocket