ホームインスペクション・徹底ガイド

住まいの“健康診断”ホームインスペクション(住宅診断)の入門サイト

ホームインスペクション現場実例集・現場同行記

LINEで送る
Pocket

契約を見送ったが誰かが買っていった中古住宅

とある地区で売りに出されていた、木造の木造物件。まだ築年数も浅くきれいでした。この物件を見つけたご依頼者は、久々に良質な物件を見つけたと喜 び、誰かが買う前に、大急ぎでチェックをしてほしいと相談がありました。そこに、さくら事務所のホームインスペクターが現地を訪れてみると・・・。

木造物件の、押入れの上のほう↓↓↓

o0320024010653139097

押入れの上の部分に、水が染み出して腐り始めています。水漏れの場合には、こんなふうに表面化しているときには、すでに内部ではかなり状況が進行しています。雨漏りなのか、配管からの水漏れなのか?原因を探ってみると、この物件の場合には、配管からの漏水でした。

1階と2階の間には、写真2のような配管が通っていました↓↓↓
(同物件の写真が撮れなかったので、イメージです)

o0320024010653139098

ここから少しずつ水漏れをしていたのです。長い間この状況でしたから、木部はかなりの腐食が進んでおり、直すにはかなりの費用がかかりそうです。修繕費も含めて考えると、利回りは大幅に悪化しますので、結局この方は物件の購入を見合わせました。

この話には後日談があります。数週間たって、不動産業者さんに問い合わせてみると、この物件は、満額(表示価格)で会社員の方が購入されたようです。水漏れの修繕はどうするのかな?と非常に心配です。余計なお世話ですが。

LINEで送る
Pocket